自動車に神社で祈祷を受ける

自動車を巡る状況が劇的に変化しています。日本の人口が減少するのに比例して事故の件数もまた減ってきてはいます。しかし高齢者の事故の割合が増加しているのはとても悲しいことです。もちろん自動車業界も安全に対する取り組みを加速していますし、自動車保険に加入していることでもしもの時に一定の保障を受けることもできます。ただそれだけでなくやはり自動車は運転するからには被害に巻き込まれるだけでなく加害者側になる可能性もあるとても危険な乗り物だという意識を持ちながら、便利に活用していきたいところです。自動車を運転するからにはさまざまな危険が伴うものだと思い、注意をするように心がけています。それだけでなく車検をひとつの節目と意識して地元の神社で神主さんに自動車そのものを祈祷してもらっています。安全祈願のお守りをるつるすだけでなく、自動車そのものを祈祷してもらうのですからその効果はさらにあるはずです。安心という精神面だけの効果かもしれませんが、それでも何となく運転に無理なく慎重になります。ドライブレコーダーとレーダー探知機は欠かせません。記録できるドライブレコーダーと探知できるレーダー探知機があれば、何か想定がいの事態に見舞われても対処ができるでしょう。

車には安全祈願もいいですよね。

車の安全祈願のメリットと特徴について。。。車の安全祈願は、交通事故や車上荒らしなどのトラブルに巻き込まれない為にも、お祓いをする事が肝要です。カーセキュリティーも考えています。海外で信頼の厚いメーカーか国産も捨てがたいです。カーセキュリティーに関しては、カーオーディオ専門店で色々と教えてくれるので相談しています。車の窓ガラスにスモークフィルムも考えています。スモークフィルムは暗すぎると同乗者が酔いやすいというので度合いが大事ですね。安全祈願のタイミングですが、車を購入直後がおすすめです。これから車を使用する上で、購入して最初にドライブの目的地を交通安全祈願の神社にする人も多いです。すでに購入されていて乗っている際に、小さなトラブルが起きた際や大きな旅行の前に行く事も良いです。自分の気になるタイミングで行く事が大事です。値段ですが、相場は5000円ほどで、神社によって異なります。行く前に神社やお寺のホームページなどで祈祷料を確認する事をおすすめします。車の安全祈願とはいえマナーを守る事が肝要です。神社にお寺に行くのに派手な格好は好ましくないです。正装をする必要はないですが、略礼服が一番良いです。カーライフを安全に送る為にも車の安全祈願は必要です。安全祈願をしたからと言って絶対安全という事は限らないので安全における意識は強く持つ事が大切です。